英語4技能対策・スピーキングプラス

「聞く」&「話す」トレーニングで英語力を総合的に伸ばします!


◆新制度入試対応の「聞ける」「話せる」ための英語学習コースです
 今の中学生の大学入試や就職試験では、従来の「読む」「書く」中心の
 英語に、「聞く」「話す」を加えた4技能の英語力が求められます

◆ICT教材を使い、目の前の先生の指導で総合的に英語力を伸ばします
 ネイティブの発音と "発音分析システム" を使った教材で、毎回40分間
 必ず英語を聞いて話してもらいます。 またカリキュラム管理や動機付けは
 担当の先生が直接行いますので、きちんと続けていくことができます


 ★★★ スピーキングプラス いよいよスタートです! ★★★ 


****************************************************************************************************
 今の高校1年生が大学を受験する2020年度から、大学入試制度が大きく変わります。
 現在のセンター試験は廃止され、特に英語は以下の2つの大きな変更点があります
 1) 従来入試の「読む」「聞く」に「話す」「書く」を加えた4技能をバランスよく評価対象に
 2) 民間の資格制度(GTEC CBTや英検の実施するテストなど)を活用して評価

 これを受けて、全国の公・私立高校入試の試験問題もその方向に変わりつつあります。
 また今の子どもたちは、将来社会人として仕事をしていく上でもますます 「実際に使える
 英語力」 が重要になっていくことは間違いありません。
***************************************************************************************************

 松ゼミのスピーキングプラスは、そういった状況に対応して、小中学生の皆さんの
 英語を実際に 「聞く力」 「話す力」 を効果的に伸ばすために設計された
 ICT教材を活用した英語学習プログラムです。 (Speaking Plus 登録商標申請中)


         ↓ ↓ ↓


★★ 特長1 ICT教材+担当の先生でしっかりフォロー ★★
 マルチデバイスの英語学習のICT教材です。 教室ではタブレットで、ご自宅でもスマホやPCから
 同じアカウントでログインしていつでもトレーニングすることができます。
 しかし本人まかせではなかなか進まなかったり、おうちの方にも状況が把握できなかったりしがち。
 そこでスピーキングプラスでは、毎授業で 「学習ユニットの指示」 や 「結果確認」 そしてしっかりと
 進めていくための 「動機付け」 を目の前の先生が行っていきます。

★★ 特長2 ネイティブの発音でトレーニングできます ★★ 
 ヒアリングパートはもちろんネイティブの発音ですが、スピーキングについてもよりネイティブの
 発音に近づいていくことができるよう設計されています。
 特許技術の音声分析システムで、本人の発音を瞬時に 「発音」「ピッチ」「リズム」「強勢」 そして
 「総合評価」 の5つのポイントで採点し、修正ポイントの具体的アドバイスも行います。 
 またスコアが表示されるので、ゲーム感覚で楽しみながら続けられることも大きなポイントです。

★★ 特長3 気軽に受講できて、この内容なのに受講料も格安です ★★
 毎週1回40分間(2回以上にもできます)、時間いっぱい英語を聞いて話してもらって、効果的な
 トレーニングコースが、授業料は毎月わずか 4,800円 (塾内生は3,600円)。 
 これでテキスト代や消費税などすべて込みの金額です。  
 通常の英語授業と組み合わせての受講も、スピーキングプラスだけを受講することも可能です。
 より多くの方が参加しやすいよう、コスパ重視のコース設計となっています。


         ↓ ↓ ↓


まずは教室に見学にお越しください。 その他のポイントについても詳しくご説明をいたします。
また教室で Speaking Plus を実際にご覧いただき、トライアルで参加していただくこともできます。
トライアルに参加した多くの方から高い評価をいただいたプランを、ぜひ一度実際にご覧になって下さい!

実際に見ていただいて、またご自宅でゆっくり検討していただくことをお勧めしておりますので
お気軽にお問い合わせください (フリーダイヤル 0120-55-3759)

一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ