松ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
松ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

中信地域では松本ゼミナール、北信地域では長野ゼミナールという名称を使用しています。

岡田 拓馬先生

今みなさんが取り組んでいることは、頑張れば頑張った分だけ将来役に立つことばかりです。

岡田 拓馬先生(島内教室) 掲載月2014年11月

◆中高時代に一生懸命やっていたことは何ですか?
部活動を一生懸命やっていました。中学では野球部、高校では陸上部でした。そんなに活躍できたわけではありませんが、そこでいい仲間を見つけることもできて、頑張って良かったなと思っています。

◆将来の夢はなんですか?
将来の夢は看護師になることです。看護師は女性の仕事というイメージを持っている人が多いと思います。しかしとても体力などが必要な仕事でもあって、実は男性の方がむいている部分もあるんです。(上司(^◇^)⇒なんかいつもニコニコしてるし優しいし、とっても看護師さんに向いている人なような気がします!

◆中学生や小学生のみなさんへのメッセージ
大人もそうですが、中学生や小学生にも 「今だからできること」 や 「今やらなければならないこと」 がたくさんあると思います。今みなさんが取り組んでいることはどんなことであれ、頑張れば頑張った分だけ将来役に立つことばかりです。どんなことにもドンドン挑戦していってください!
  • 岡田 拓馬先生
  • 岡田 拓馬先生
  • 岡田 拓馬先生
入嵩西 義准先生

今のうちに様々なことに興味を持ち、
積極的にチャレンジしていって下さい。

入嵩西 義准先生(梓川教室) 掲載月2014年10月

◆なぜ塾の先生になってみようと思いましたか?
きっかけは教師になることが将来の夢だったからです。日々生徒たちの「分かった!!」という言葉と、明るい笑顔に元気づけられて、松ゼミでの仕事が自分の中で大きな存在となりました。

◆松ゼミの魅力ってなに?
松ゼミの一番の魅力は、先生と生徒たちの距離が近いということです。私自身が学習塾に通うという経験がなかったので「塾=勉強」というイメージが強くありました。 しかし松ゼミは勉強をすること以外の悩み相談や、休み時間の雑談なども楽しく、生徒にとって先生が友達のような存在だったりすることもあります。このこと自体が大きな魅力だと思うのです。

◆生徒たちへのメッセージをお願いします
勉強や部活動、その他の活動なども頑張っていることと思います。楽しかったり辛かったり、いろんなことがあるかもしれません。 でも頑張って "とりあえず" 乗り越えてしまって下さい。頑張っていればなんとかなっちゃいますから(笑) だからこそ、今のうちに様々なことに興味を持ち、積極的にチャレンジしていって下さい。 手始めに "勉強から" で。 私たちがしっかり協力します!
  • 入嵩西 義准先生
  • 入嵩西 義准先生
  • 入嵩西 義准先生
奥村 篤子先生

日々子供たちのパワーに励まされ、逆に 『自分も精一杯頑張ろう!』 という気持ちにさせてもらっています。

奥村 篤子先生(三郷教室) 掲載月2014年09月

◆なぜ塾の先生になろうと思いましたか?
大学卒業後に教師になる道も考えています。せっかくなので勉強を教える仕事をしてみたくて、松ゼミの採用試験に応募しました。

◆実際に松ゼミの先生になってみてどんなことを思いましたか?
松ゼミは生徒と先生がいっしょに頑張っている感じで、楽しく学べる塾だなぁと思いました。まだそんなに経歴が長いわけではありませんが、日々子供たちのパワーに励まされ、逆に 『自分も精一杯頑張ろう!』 という気持ちにさせてもらっています。 中学生・小学生のみなさん、私たちと一緒に、しっかりと、でも楽しく勉強を頑張りましょう衝撃!
  • 奥村 篤子先生
  • 奥村 篤子先生
  • 奥村 篤子先生
阿部 ほのか先生

部活動でも勉強でも、好きなことを1つだけでも続けてみることが大きな力になると思います。

阿部 ほのか先生(広丘教室) 掲載月2014年08月

◆松ゼミの先生になってみて
生徒たちの頑張って勉強をしようとする姿勢に、逆に 「自分も頑張ろう」 という気持ちにさせてもらっています。

◆もし100万円もらえるなら
世界一周旅行に行きたいですね!いろいろな国に行って、たくさんの友達を作ります。 自分の目で世界の様々な国を見てみたいと思います。

◆中学生や小学生の皆さんに
部活動でも勉強でも、好きなことを1つだけでも続けてみることが大きな力になると思います。 将来の夢のために、今のうちにそんな力を身につけられたら素晴らしいと思います。 勉強のサポートは私たちが頑張ります衝撃!
  • 阿部 ほのか先生
  • 阿部 ほのか先生
  • 阿部 ほのか先生
渡辺 勇輝先生

くじけそうなときこそ、
僕たち松ゼミの講師を頼ってください。

渡辺 勇輝先生(穂高教室) 掲載月2014年07月

◆将来の夢はなんですか?
現在大学で土木工学を学んでおり、将来の夢は小学生の時からの夢だった 『橋を設計する』 ということです。いろいろ勉強してその目標に向けて走り続けています。 橋というものはただ土地と土地とをつなげるためだけに架けるものではない、と僕は考えています。橋を挟んだ場所で生活し仕事をしている人と人、その心と命をつなぐような橋を世界中に架けたいと思っています。

◆もし100万円か100日の休日がもらえるならどっちがいいですか?
100日の休日です。 迷わず海外に行って働いてみたいと思います。 言葉の分からない国に行って、誰も知らないところに行って自分がどれだけ成長できるのか試してみたいです。新しい仲間と新しい自分を見つけ、非常にいい経験になると思います。

◆中学生や小学生の皆さんへのメッセージを!
僕は人生という道には無数の扉があり、中学校にあるいは高校に入るときに最初の扉を開けることになるのだと考えています。
ところが最初はその扉は冷たくて大きくて、開きそうもないように見えたりします。もちろんその扉の先も全く見えないので、時にはくじけそうになるかも知れません。 ですが衝撃!そういう時にこそ僕たち松ゼミの講師を頼ってください。先に扉を開けて進んでいった者として、皆さんがそこを乗り越えていけるよう全力でサポートします。いっしょに新しい扉を開けましょう衝撃!
  • 渡辺 勇輝先生
  • 渡辺 勇輝先生
  • 渡辺 勇輝先生

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ