松ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
松ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

中信地域では松本ゼミナール、北信地域では長野ゼミナールという名称を使用しています。

三浦遥果 先生

人と比べられるのが辛いとき
「昨日の自分に勝つ!」っていう意識を☆

三浦遥果 先生(鎌田教室) 掲載月2017年06月

 ◆中学から高校時代に一生懸命やっていたことは何ですか? 
 中学、高校ともに陸上部に入っていました。 小学校の頃は野山を駆け回っていて、走ることが好きだったので始めた陸上だったのですが、「陸上競技」 として走ることは辛いこともありました。走ること自体は好きでしたが、競技としてやるには他人との競争が不可欠で、いつも周りと比べられたからです。 でも高校の先生に 「周りに勝とうとせずに、昨日の自分に勝てるようになりなさい」 と言われてからは、周りを気にしすぎず自分を見つめなおして、自分の成長を感じながら競技を楽しむことができるようになりました。
 また陸上部で出会った人たちは本当に良い仲間で、今でも連絡をとり合っています。 そんな仲間たちとの何気ないやりとりが私の大きな心の支えになっていまするんるん

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 休日は、部活動以外は家でゲームをしたり漫画を読んだり、好きな動画を見たりして過ごすのが好きです。 ひたすらにインドア派なんです実は。(室長注 : 陸上十種競技のアスリートなのに〜(笑)) 漫画を読み始めると続きが気になりすぎて止まらなくて、他のことが手につかなくなります。 そしてたまに人格が漫画に左右されます猫2

 ◆中学生や小学生の皆さんへのメッセージをどうぞ! 
 勉強って楽しんだもの勝ちだと思います。 「勉強が楽しいって頭がおかしい衝撃?」 って思うかもしれませんが、 「問題が解けてうれしい!」 っていう経験は誰にでもあるはずです。 その瞬間を忘れず、自分の支えにして欲しいと思います。 
 そして上にも書いた通り、人と比べられることって辛いときもあります。 もちろん人に勝ちたいっていう気持ちがモチベーションになるときもありますが、 「昨日の自分に勝つ」 ということをぜひ意識して欲しいです。 受験とか部活動とか、大変なこともあるかと思いますが、自分自身が納得できる学生生活を送って欲しいと思います。
 辛い時はいつでも頼ってください。 楽しいことは共有してください。 みんなの学生時代がステキな思い出になることを祈っています。
三浦遥果先生
トコトン優しい、大人気の先生なのです☆
三浦遥果先生
はさまってます。はさまってます。
三浦遥果先生
ん? 信大女子の主食「ピッコ」か?
白田翔 先生

勉強に集中できない日もあります。
そんな日は思い切ってしっかり気分転換を!

白田翔 先生(豊科教室) 掲載月2017年05月

 ◆なぜ塾の先生になってみようと思いましたか? 
 僕は将来、中学か高校の教師になりたいと考えています。そこで、そのために必要な授業の教え方、その準備の仕方など多くのことが学べると思い、松ゼミの先生になってみようと思いました。生徒一人ひとりの学力向上にしっかり取り組みながら、僕自身も教師としての勉強をしていきたいです。

 ◆実際に働いてみて、松ゼミの魅力とは? 
 やはり先生と生徒の距離が近く、仲がいいことだと思います。そのため先生とが生徒と同じ目線に立ち、一人ひとりに合った授業をしてあげられます。また生徒の側からすると、分からないところを質問しやすく、勉強以外のことでも部活や普段の悩み事などの相談にものってもらえます。そんな点に魅力を感じています。

 ◆小学生・中学生のみなさんにひとこと! 
 受験期になると受験生のみなさんは、学校の先生やご両親に 『受験生なんだから勉強しなさい!』 など、勉強勉強勉強・・・もう一日中勉強しなきゃいけないのか! とイヤになるぐらい言われると思います。確かに将来のことを考えると、勉強はしなければなりません。
 しかし勉強に全然集中できない日や、学校の行事などで疲れていたり、テスト結果が悪くて落ち込んでやる気の出ない日もあるかと思います。そんな時は無理して勉強しても内容が頭に入ってこないので、思い切って息抜きをしてみるのも一つの手です。一旦勉強から離れて、遊んだり休んだりしてみるといいかもしれません。そうすれば心も体もリフレッシュできて、また気持ちを切り替えて勉強できるようになると思います。
 僕たちも、みんなが心に余裕をもって受験期を過ごせるように手伝っていくので、自分のペースでしっかりと勉強していきましょう!
白田翔先生
アツい心の持ち主! だがなぜかイジられキャラ!?
白田翔先生
おおカッコいい☆彡 ラガーマンでもあるのです
白田翔先生
教えることが好きなのね~ (*´▽`*)
内山しおり 先生

小中学生のうちにたくさん失敗や成功を!
きっと素敵な大人になれます☆

内山しおり 先生(波田教室) 掲載月2017年04月

 ◆高校時代に一生懸命やっていたことは何ですか? 
 高校生の時に一年間アメリカに留学していました。ホストファミリーに面倒を見てもらいながら、現地の高校に通っていました。日本語を話せる人は稀でしたので、基本的に一年間英語のみで生活していました。
 英語圏に一人で置かれることによって英語の能力が上がったほか、コミュニケーションスキルも身についたと思います。「英語ができる」というのは、現在の日本で多く求められている能力です。留学を通して「英語」を味方につけることが出来たのが、今の私の強みになっています。

 ◆実はこんな・・・みたいな趣味や特技はありますか? 
 実は足が速くて、絵が上手ですぴかぴか(*´▽`*) (笑) 中学生の時は美術部に所属していたのですが、入選していくつかトロフィーをいただいたことがあります。そして中学時代の50m走の最高記録は6.8秒です。体育祭ではよくリレーの選手に選ばれていました。
 高校生の時は日本では剣道部に所属し、アメリカの高校ではサッカー・体操・陸上部に所属していました。ちなみに大学では日帰りで登山をするサークルに所属しています。意外と多趣味なのでどんどん話しかけて下さいね!るんるん

 ◆中学生または小学生のみなさんへのメッセージをどうぞ! 
 大学生になってから気づいたのですが、日々の生活を助けているのは小学校や中学校で身につけた知恵や経験です。小学生や中学生のみなさんにはいろいろな経験を積んでおいて欲しいと思います。
 「早く大人になりたいなぁ」 と思っているかもしれませんが、この時期に失敗や成功を多く経験しているときっと素敵な大人になれると思います。何事にも恐れずにチャレンジしてみましょう!
Be a challenger !!
内山しおり先生
ザ・ポジティブなお姉さん先生
内山しおり先生
こ~んなカッコいい一面と (*´▽`*)
内山しおり先生
こ~んなオチャラケた一面が (*´Д`)
井出千鶴 先生

家族ほど近くない、でも他人ほど遠くはない。
生徒の心の支えにもなりたいと思っています!

井出千鶴 先生(信大前教室) 掲載月2017年03月

 ◆将来の夢はなんですか? 
 中学校の先生になることです。これは私が中学生の頃からの夢です。
 中学の時あまり友達がいなかった私は、担任の先生と何気ない会話をすることで心が救われていました。子どもにとって先生は必ず関わる大人であり、家族ほど近くはないが他人ほど遠い存在でもありません。この距離だからこそ心を開くことができるという部分があり、時に家族よりも気持ちを理解してあげられることもあると思います。私は生徒に勉強を教えることはもちろん、それ以上に心の支えとなれるような存在の教師を目指しています。

 ◆実はこんな・・・みたいな特技はありますか? 
 私は中学と高校ではバスケ部に所属していたのですが、実は小学生のころからずっと野球が好きでした。よくプロ野球を観に行ったりバッティングセンターに行ったりしていました。それもあって大学ではソフトボールを始めました。
 全然フライはとれないし、バットにボールが当たっても全然遠くまで飛んでいかないし、まだまだ上手くはできませんがとても楽しくやっています。クロスオーバーというソフトボールサークルに所属していて、昨年の銀嶺祭の大会では惜しくも準優勝という結果に終わりました。
今年こそは優勝したいと思っています。

 ◆小中学生のみなさんにひとこと 
 皆さんはちょうど今、悩み事が多い年頃だと思います。勉強のこと、部活のこと、進路のこと、友達のこと、好きな人のこと・・・。 それを一人で抱え込んでいるのはとても辛いことだと思います。ぜひ私たちに話してみてください。何か力になれることもあるかもしれません。そして誰かに話を聞いてもらうだけででも、少し心が軽くなります。松ゼミで勉強面を支えることはもちろんですが、心の面でも支えてあげたいと思っています。
井出千鶴先生
コメントのとおり「アツイ!」千鶴先生
井出千鶴先生
仲間とピザパーティー☆なぜかin教室( ̄▽ ̄)
井出千鶴先生
おお! ヒットが出そうな雰囲気
佐藤祐也 先生

バスケ部で鍛えられた経験が
その後の勉強にも活きていると思います!

佐藤祐也 先生(島内教室) 掲載月2017年02月

 ◆中学〜高校時代に一生懸命やっていたことは? 
 中学から高校にかけて部活動を頑張っていました。バスケをやっていたのですが高校のときのコーチはすごく厳しい人で、バスケだけではなくむしろ自分自身の内面が鍛えられました。嫌いだった勉強にも粘り強く取り組むことができたのは、部活での経験があったからこそだと思います。 

 ◆ズバリ、松ゼミの魅力とは? 
 とにかく全員が生徒一人ひとりを大切にしていることだと思います。常に生徒の気持ちを考えながら勉強を教えていかなければならないので大変です。でも自分自身としても常に新しいことを学べるので、すごくやりがいを感じています!

  ◆小中学生のみなさんにメッセージを! 
 いろいろなことに、とりあえず「がむしゃら」に取り組んでみて欲しいと思います。それが何であっても、やってみる前から「ムリ!」とか言わないでチャレンジしてみることです。  これは勉強だけではなく、部活動・学校行事などすべてに対して言えることです。自分がその瞬間に一生懸命に取り組んだことは、たとえその時には結果が出なくても、いつか必ず何らかの形で人生にいきてきます。「すぐあきらめようとせず、がむしゃらに!」そんな姿勢で日々のことに取り組んで欲しいと思います!ぴかぴか
佐藤祐也先生
みんなとワイワイやるのが大好き!
佐藤祐也先生
こんな顔でシメるときもありますが・・・
佐藤祐也先生
基本、こんな感じです ( ̄▽ ̄)

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ