松ゼミの先生

生徒たちの学習をサポートする
松ゼミの先生たちの素顔をご紹介します。

中信地域では松本ゼミナール、北信地域では長野ゼミナールという名称を使用しています。

高見 理沙先生

いろいろ大変に感じることも、きっといい思い出になります。今を楽しんでくださいね!

高見 理沙先生(鎌田教室) 掲載月2015年05月

◆なぜ松ゼミの先生になってみようと思いましたか?
私自身も中学生の時、塾に通っていました。その塾の先生の説明がとても分かりやすくて、楽しかったので、私もあんなふうに子供たちに教えてあげたいと思ったからです。

◆中学〜高校時代に一生懸命やっていたことは何ですか?
部活動に打ち込んでいました。私は中学、高校とバレーボールをやっていました。何度もやめたいと思ったこともあったのですが、仲間たちと励ましあいながらなんとか最後まで続けることができました。今ではとってもいい思い出です。

◆中学生や小学生のみなさんに一言
勉強も部活動も、そして毎日のことも、いろいろ大変に感じるかもしれません。でもきっとみんないい思い出になります。今を楽しんでくださいね!
  • 高見 理沙先生
  • 高見 理沙先生
  • 高見 理沙先生
木村 直文先生

やる前から「自分にはムリ」と決めつけたりしないで、まずはどんどんチャレンジしてみてください。

木村 直文先生(豊科教室) 掲載月2015年04月

◆なぜ塾の先生になってみようと思いましたか?
私自身が通っていた塾の先生の説明がとても分かりやすく、かっこ良かったからです。その時にとても親身に教えて下さったので、苦手な教科でも頑張ることができました。そして今度は私が、その先生のように生徒にやる気を出させてあげられる人になりたいと思ったので、塾の先生にチャレンジすることにしました。
 
◆松ゼミの先生として実際に働いてみて、松ゼミの魅力とは?
やはり先生と生徒との距離が近く、仲が良いということです。そのため生徒が質問しやすく、分からないところをそのままにせず取り組んでいくことができる、そんな環境が整っています。また学習面だけでなく、部活のことや普段の悩み事などの相談にものったりして、いろいろな面からサポートしてるところも魅力だと思います。
 
◆中学生、小学生のみなさんにメッセージ
みなさんには将来に向けて様々な可能性があります。決してやる前から「自分にはムリ」と決めつけたりしないで、まずはどんどんチャレンジしてみてください。そういったマイナスの先入観はその人の本来の成長を妨げてしまうと私は思っています。勉強も難しくてつらいと感じる時もあるかもしれませんが、そんな時こそ私たちのような塾の先生と頑張ってみませんか?できないコトができるようになること、やりたくなかったコトがやりたいコトに変わるという体験って、とっても楽しいですから(^◇^)
  • 木村 直文先生
  • 木村 直文先生
  • 木村 直文先生
降旗 萌美先生

長ゼミの講師はどんなことにでも「本気」です。
ぜひその「本気」を体験してほしいと思います。

降旗 萌美先生(柳町教室) 掲載月2015年04月

◆なぜ塾の先生になってみようと思いましたか?
私は将来小学校教員になることを目指して日々大学で頑張っています。大学以外の場所で小学生や中学生と関わったり教えたりする経験をたくさんしておきたく、自分の中の教授力を高めたかったため塾の先生になってみようと思いました。

◆中学〜高校時代に一生懸命やっていたことは何ですか?
私は吹奏楽部に所属し毎日練習に励んでいました。中学3年生の時は部長を務めていたり、高校時代はほぼ毎日練習があったりと勉強との両立も大変でしたが、自分の好きなことだったので6年間頑張ることができました。中学生の時、第一志望の高校を決めたきっかけがその高校の吹奏楽部に入りたいという気持ちからだったので勉強も部活動も頑張ることができました。

◆学生または小学生のみなさんへのメッセージをどうぞ!
長ゼミの講師はどんなことにでも「本気」です。ぜひその「本気」を体験してほしいと思います。
そして一緒に勉強を頑張っていきましょう♪待ってます♪
  • 降旗 萌美先生
  • 降旗 萌美先生
  • 降旗 萌美先生
中嶋 徹先生

時間が足りない生徒こそ松ゼミのような集中できる環境、勉強のやり方を教えてもらえる場所が必要です。

中嶋 徹先生(波田教室) 掲載月2015年03月

僕は小学生時代から岩を登るフリークライミングと言うスポーツをしています。このスポーツにハマってからというもの、平日トレーニングし週末山へ行くという生活をしております。特に中学、高校時代は生活におけるかなりの時間をクライミングの練習か学校の勉強に割いていました。
実は今まで塾に通ったことがありませんでした。このため塾と言う場所が一体どのような場所か興味あり、それも塾の講師になろうと思った理由のひとつでした。実際講師になって感じたことは、中高生時代の僕のように時間が足りない生徒こそ松ゼミのような集中できる環境、勉強のやり方を教えてもらえる場所が必要だという事です。みなさん部活との両立は大変かと思いますが、限りある時間を有効に使い頑張っていきましょう!
  • 中嶋 徹先生
  • 中嶋 徹先生
  • 中嶋 徹先生
小池 沙綾先生

努力する習慣を
私たちといっしょに作っていきましょう!!

小池 沙綾先生(信大前教室) 掲載月2014年12月

◆なぜ塾の先生をやってみようと思いましたか?
自身も小学校からずっと塾に通っていました。 そこで出会った先生方が、生徒一人ひとりに対して本気で向き合って下さっていたことがとても印象に残っていて、「わたしもいつかあんな先生方のように塾で教えてあげたい」 と思ったのがきっかけですぴかぴか

◆実はこんな!・・・みたいな趣味はありますか?
大学に入ってから全くと言っていいほど運動をしたことがなく、「このままではいけない」 と思って最近ヨガを始めました衝撃!いつも三日坊主で終わってしまう私ですが、現在も記録更新中です。

◆生徒のみなさんにメッセージをどうぞ!
努力した人たち全員が成功するような、簡単な世の中ではありません。 しかし、成功した人たちは誰もが努力を経験していると思います。 そのためにも、まずは努力する習慣を私たちといっしょに作っていきましょう衝撃!
  • 小池 沙綾先生
  • 小池 沙綾先生
  • 小池 沙綾先生

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ